産後太りの解消には酵素ダイエットを推奨する理由

産後太りの解消は酵素ダイエットがおすすめ

産後いつまでたっても体重が減らない・戻らない場合、それは産後太りかもしれません。早々に対処していかないと、さらに太りやすい体質を招くので「産後太りかも?」と思うのなら、今すぐ産後ダイエットを始めましょう。

産後ダイエットするなら酵素を使ったダイエットがオススメですよ。その理由も合わせて説明していきますね。

産後ダイエットは普通のダイエットはちょっと違う

普通のダイエットの場合、食事を1食抜いたりカロリーのない食品に置き換えたり、ジョギングやマラソンなど体を動かしていれば、割と簡単に減量できるものですよね。

しかし、産後ダイエットでは「食事を抜く」などという極端な食制限はNG。さらに、激しい運動もNG。乳児を抱えてジョギングしたりはできませんよね。

乳児を見てくれる人がいたとしてもやってはいけません。それは、ママの体力が妊娠前の状態に戻っていないから。

出産すると、お腹がぺちゃんこになって妊娠前に戻ったと錯覚しがちですが、実は長い妊娠期間を過ごす間に体力・筋力は著しく低下しています。

そんな体で、妊娠前にできていた運動をしようとしても、体力が持たずにすぐにスタミナ切れしてしまいます。そんな状態になってからでは、赤ちゃんのお世話もできるわけがありませんよね。

まずは体力・基礎代謝を戻すことが重要

そうなんです。産後ダイエットをする前には、ダイエットができるだけの体力をつけることが先決。底辺スレスレまで落ちてしまった基礎代謝を戻すことができれば、妊娠中に太りやすくなってしまった体質を、太りにくい体質へと改善することができます。

産後ダイエットでは、出産で緩んだ骨盤を正しい位置に戻してあげることも大切。歪んだ骨盤は余計な皮下脂肪を蓄えやすいので、骨盤ケアを一切していないのなら今すぐ骨盤を整えてあげましょう。

骨盤が歪んだままでいると、骨盤が支えている内臓も正しい位置にいられず代謝が落ちる原因となるんです。骨盤をしっかり元の位置に戻したうえで、酵素を積極的に摂る生活を心がけていきましょう。

酵素は産後太りした体を戻すのに必要不可欠

酵素といえば、もともと私たちの体内に存在し食べたものを消化し、エネルギー代謝に変える働きがある、生きるためには必要不可欠なもの。

今、呼吸をしたり文章を読んだり頭で考えたりするのにも、酵素が関係しているのです。酵素は生きるうえでは欠かせない存在ですが、年を重ねると同時に生産数が減っていきます。

年を重ねると、若い時と同じ量食べても太りやすくなるのは酵素が減っていることが原因なんです。このほかにも酵素が不足することで便秘になりやすかったりもします。

そこで、食物酵素を積極的に摂って、体内にある酵素の数を補うことができれば、基礎代謝の高い健康的な体質に導くことができます。

食物酵素は、生の野菜・果物・肉や発酵食品に含まれていますが、酵素サプリや酵素ドリンクなど、酵素に特化した健康補助食品からも摂取することが可能ですよ。

女性芸能人やママタレのマル秘産後太り解消法

有名人の産後ダイエット法

最近の女優さんやタレントさんって、妊娠・出産してもあっという間に妊娠前と変わらぬ体型でテレビに復帰してることが多いですよね。

彼女たちが体型を戻すため、密かに行っている産後ダイエット法とは?

ママタレのほとんどが行っていた骨盤矯正

骨盤矯正は、芸能人でなくとも産後ママの多くが、まず最初に取り組む産後ダイエットのひとつではないでしょうか?

育児雑誌にも特集が組まれたり、書籍化されていたり。産婦人科で指導されるもことも多く、産後太り解消には欠かせない方法のひとつといえるでしょう。芸能人のなかでも、道端カレンさん・東原亜希さん・市井紗耶香さんなどが積極的に骨盤矯正を行っていました。

また、神田うのさん・ほしのあきさん・紗栄子さん・スザンヌさんなど、出産した芸能人の数多くがトレーナーである樫木裕美さんのもと、カーヴィーダンスのレッスンを受けていましたね。

このカーヴィーダンスにも、出産で緩んだ骨盤を定位置に戻す効果があります。我々一般人では樫木先生にトレーニングしてもらうのは難しいですが、DVDやムックも販売されていますよ。

産後だからこそ食べるものにも気を抜かない

産後しばらくは赤ちゃんのお世話につきっきりで寝るヒマもないほど。

できることなら赤ちゃんと自分のこと以外は何もしたくない・・・食事もつい手を抜きがち。

でも母乳育児をするママタレのほとんどが、自分が食べるものにも気を遣っていました。それもそのはず、ママが食べたものがそのまま母乳として赤ちゃんの栄養になるわけですから。

出産を経験した女性芸能人のうち、木下優樹菜さんは炭水化物を極力減らした食事法を、辻希美さんは湯豆腐メインの食事法が有名ですね。

大人の落ち着きが魅力的な吉瀬美智子さんは、何をしてもなかなか体型が戻らずに悩んだ結果、酵素玄米と脂肪燃焼スープがメインの食事法を取り入れて、自然痩せていったそうです。

そのなかでもとくに、朝食がわりにスムージーを作って飲むママタレが多いんです。小倉優子さん・木下優樹菜さん・山田優さん・吉川ひなのさん・ミランダカーさんなどなど。

スムージーは、野菜やフルーツがもつミネラル・ビタミンがたっぷりで、食欲のない朝でもすんなり飲むことができます。

低カロリーなのに栄養価が高く、腹持ちも抜群。産後ダイエットにはぴったりの飲み物というわけです。

ヨガやエクササイズなど適度な運動を欠かさない

女性芸能人は産後あまり間を空けないで復帰することが多く、産後すぐからスタイル戻しに勤しんでいるようです。

ヨガやエクササイズなど、ときにはパーソナルトレーナー指導のもと、マンツーマンで特別なプログラムを組んでもらうなどして、産後の体に無理のない範囲で産後太りを解消してることが多いみたいですね。

芸能人は体が資本なため、赤ちゃんを預けてでも体型を戻さなければいけないので大変です。けれど、なかには篠原涼子さんのように、自宅で床掃除を頑張っていたら自然と痩せた・・・という庶民派の方も。これなら私たちにも身近でマネできる解消法ですね。

芸能人のように赤ちゃんを預けてまで産後ダイエットしたい!という人は、そう多くはいないと思うので、お散歩や体あそびなど赤ちゃんと一緒に楽しみながらできるエクササイズで、楽しみながら産後太りを解消してはいかがでしょうか?

産後太りって誰でも必ずなるものなの?最小限に抑える方法はある?

誰でも産後太りになる?

出産経験のある人のほとんどが、産後太りに悩むといいます。

それもそのはず。産後太りは赤ちゃんを産むためにはなくてはならないものなんです。

妊娠中は赤ちゃんを守るために太りやすい体質になる

妊娠してからの約10ヶ月間、お腹のなかで赤ちゃんを育てることになります。

生まれたばかりの赤ちゃんはホニャホニャで、簡単に壊れてしまいそうですよね?でも、お腹のなかにいる赤ちゃんは、もっともーっと繊細。

ガラスや陶器のものを運ぶときには、エアパッキンなどのフワフワした柔らかい素材で包んで、衝撃を和らげられるようにするのが普通ですよね。

これと同じように、赤ちゃんを外部の衝撃から守るために、ママの皮下脂肪がつきやすくなるのは避けられないことのなのです。

ですから、妊娠期から産後太りを気にする必要はありません。むしろ、太って当然と思うようにしましょう。

産後1〜2ヶ月後から産後太り解消を意識しよう

出産してしまえば、妊娠中についた皮下脂肪は不要となります。産後1〜2ヶ月はしっかり休養して出産の疲れを癒して、その後に皮下脂肪を落とす努力をしておかないと、脂肪が脂肪を呼んで、さらに太りやすくなってしまいます。

とくに、お尻や腰回りがいらない脂肪がつきやすいですよね。出産経験のある人は、出産時に骨盤が緩むのでなおさら。

でも、産後にしっかり骨盤矯正を行ってあげると、余計な皮下脂肪を阻止することができますよ。骨盤が正しい位置にあると、血行がよくなって代謝も上がります。

冷えは脂肪をつきやすくするので、骨盤矯正=痩せやすい体質をつくることに繋がるわけです。

産後太りを最小限に抑えるなら食事もしっかり摂る

産後太りを解消しようと、いつもより控えめな食事をしたりしていませんか?食べる量を極端に減らしてしまうと、お腹が空いてストレスが溜まりやすくなります。

気が付いたらポテチを一袋空けていた・・・などの暴食も起こりやすく、結果として1日の総カロリーがオーバーすることもしばしば。

それならば、はじめから3食しっかり食べ、1食1食を低カロリーに抑えたメニュー作りを心がけたほうがよっぽど減量できますよ。

栄養バランスが整った食事のほうが、質の良い母乳がでて、赤ちゃんのアレルギーの発症リスクも最小限に抑えることができますよ。