子育て中のママでも気軽にできるダイエットで産後太りを解消しよう

産後ダイエットに挑戦

赤ちゃんのお世話に追われていると、なかなか自分のために時間を割くことができませんよね。

でも、妊娠中に増えてしまった体重をこのままにしていたら、そのままブクブク太ってしまいそうで怖い!

そんなママでも簡単にできるダイエット法をいくつかご紹介していきます。産後太りを解消してキレイなママを目指しましょう。

そもそも、なぜ産後太りになるのかについては、こちらの記事も参考に! → 産後太りって誰でも必ずなるものなの?最小限に抑える方法はある?

出産で歪んだ骨盤を矯正して痩せやすい体を作りましょう

ダイエットというと、安易に食事制限を行いがちですが産後1年間はNG行為。授乳中ならなおさらです。

もし授乳期が終わっているとしても、ママが極端な食事制限をしていると子供は真似をしたがるもの。教育にもふさわしくありません。

産後ママがダイエットのために行うべきことは、ずばり骨盤矯正。

出産によって緩みきった骨盤は、なにもせずにいると歪んだままで固定されてしまい、余計な皮下脂肪を蓄えやすくなってしまうのです。

妊娠前にはけていたズボンやスカートが履けなくなっている場合は、骨盤が歪んでいる可能性が高いです。

骨盤を定位置に戻すだけでも、基礎代謝があがって脂肪を燃焼しやすい体質に戻ることができますよ。骨盤矯正には、骨盤ベルト・骨盤体操・骨盤整体などの方法があります。

程よく体を動かして筋力を取り戻しましょう

人は妊娠すると、行動範囲が狭まるので筋力が落ちやすい傾向にあります。出産してしばらくは赤ちゃんのお世話につきっきりなので、運動する余裕すらありませんよね。

つまり、妊娠前に比べてガクッと筋力がなくなっているのです。

そんな状態でダイエットを始めようにも、すぐにヘトヘトになって寝込むのがオチ。まずは通常のダイエットができるまでの体力を取り戻すことが優先なのです。

簡単なストレッチやエクササイズから初めていきましょう。毎日赤ちゃんとお散歩するだけでもいいのです。

栄養価でヘルシーな食事を摂りましょう

最後は食事です。授乳中の食事制限はNGだと先ほど説明しましたが、授乳中なら赤ちゃんの生育のためにも栄養価の高い食事を心がけてください。ママの食べたものはそのまま、赤ちゃんの栄養になります。

根菜類を中心とした野菜、キノコ・海藻・穀物類をまんべんなく摂取することが理想です。なるべくなら体を冷やさないよう温かい食事を心がけて。

甘いお菓子やカロリーの高い揚げ物、ジャンクフードは極力控えるべきですが、たまになら構いません。

重要なのは無理な産後ダイエットをしないこと

痩せたいという気持ちは十分に理解できるのですが、特に産後ダイエットの場合、無理は禁物です。

お母さんの体にもしものことがあった場合、最もかわいそうなのは生まれてきた赤ちゃんです。

できれば、育児をしながら無理なくダイエットできるのが理想です。ジム通いや絶食などは確かに効果はあるかもしれませんが、お子さんが小さいうちはあまりお勧めできません。

数多くあるダイエット法に向き・不向きはありますが、焦らず取り組めるものを選んで実践するようにしてください。

このサイトでも、いくつかの産後ダイエット法をご紹介していますので、よろしければぜひ参考にしてくださいね!